更年期,アイメイク,目のクマ

40代は女の人生の見極めどき。

ヘップバーン(もう亡くなってしまいましたが......)やバルドーが充実した後半生を過ごしているのは、まだ若さや美しさがじゅうぶん残っていたときに、それ以外のものに価値を見つけたからではないでしょうか。

 

彼女たちには、「教養」があった。

 

つまり、より広い視野で物事を見て、自分なりの価値観を築くことができたのです「美形」と「美人」の違いをきちんと知っていることは、現代を生きていくうえでの教養だともいえるのではないでしょうか。

 

40歳というのは、まだ女性としての若さも美しさもしっかり残っている世代です。

 

それでいて、「老い」が、すぐそこに迫っている世代でもあります。

 

だれだって、美しくありたい。

 

でも、その「美」とは何なのか、今、じっくりと自分に問いかけておかないと、人生の後半戦はかなりしんどくなってしまうのではないでしょうか。

 

40歳は、女の人生の見極めどき。

 

姿かたちだけの美に執着するのか、全身から醸し出される生き方の美を目指すのか、その最後の分岐点といえるかもしれません。

 

更年期以降、私たちは、もっと「美人」になれるし、もっとしあわせになれる。

 

私はそう思っています。

 

差がつくのは、ここからです。

 

年齢を重ねていく自分を受け入れたうえで、これまで自分が築いてきたものを大事にし、自分らしい美しさに磨きをかけようではありませんか。

 

そんな前向きな気持ちを持ったときにはじめて,アイキララ たるみや目の下のくぼみを隠し、美化するアイメイクが強い味方になります。

 

自分を好きになってアイメイクの腕を磨けば、こわいものなんかありません。

 

自信を持って輝く人生に踏み出しましょう!

 

「私流アイアイメイク」で人生が変わる!

 

※40歳からはじめたい「必ず結果を出すアイメイク」。

 

アイメイクが楽しくなることが第一歩。

 

40歳からのアイメイクで大切なことは,まずは「アイメイクをする気になる」よう仕向けることではないかと思います。

 

朝起きて,鏡を見る。

 

そこに疲れ切って老けた自分の顔を見つけてしまったら,アイメイクをする気なんか起こりません。

 

アイメイクのテクニック以前に、そのことがいちばんの問題ではないでしょうか。