セックス,年齢,焦り

セックスにのしかかる重圧、医療機関への不信感、年齢的な焦り。

高度生殖医療にエントリーすると、さらにお金がかかることや薬の副作用で体調を崩してしまったこと……

 

みなさん、さまざまな悩みを書いてきます。

 

でも、これで確実に妊娠できると確信できるのなら、こんなには悩まないはずです。

 

しかし、たとえ人工授精に踏み切ったとしても、人工授精1回あたりの妊娠率はわずか5S8%程度、体外受精においても20 %前後というのが現実です。

 

このまま治療を続けていって、サイト当に妊娠できるのだろうか? そんな不安が、治療に強いストレスをかけていくのだと思います。

 

そして、そのストレスがサイト来あなたが持っているはずの「妊娠体質」に悪影響を及ぼします。

 

妊娠したいがための悩みが、妊娠を遠ざけてしまうとしたら、なんとも皮肉な話です。

 

今までも書いてきましたが、リラックスすることは、妊娠を呼び込むために本当に重要なことです。

 

不妊治療がいやになって、やめた途端に妊娠したという話はサイト当にたくさんあります。

 

きっと、つらかった治療をもうしなくていいと思ったら、ストレスから解放され、リラックスできたのでしょう。

 

※ホルモンの司令塔・視床下部はストレスに弱い。

 

ではここで、リラックスはなぜ妊娠体質を高めるのか、少し医学的に説明しておきましょう。

 

人間の頭のなかをのぞいてみると、大脳の下の下垂体というところに視床下部下邯という小さな器官があります。

 

ここは、さまざまなホルモンを分泌する司令塔の役割をしています。

 

この視床下部の指令によって、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)などのホルモンが分泌され、卵子が成熟し、排卵が起こります。

 

体温を上昇させる黄体ホルモン(P)の分泌を促したりもするわけですこの働きは、脳から卵巣、子宮へと玉突きのように起こるもので、最初に指令を出すのが視床下部なのです

 

※不妊ストレスから自分を解放しよう。

 

困ったことに、この妊娠するための重要な役割をもつ視床下部が、とてもデリケートでストレスに敏感なのです。

 

どのくらいストレスに弱いのでしょうか?たとえば、職場の上司がイヤな上司に変わったとたん、女性社員の生理が止まってしまったという話はよくあります。

 

また、有事になって夫が兵役にとられるとその妻たちに非常に高率に無月経が認められるということも知られています。

 

おそらくこれらは、強いストレスやショックを受け、視床下部の働きが乱れたために起こったと考えられます。

 

リラックスするということは、視床下部をいたわるということです。

 

そのことが、女性ホルモンの分泌の乱れを防ぎ、ごく自然に妊娠することにもつながります。

 

だからこそあまり思いつめないで、もっとリラックスしましょう!